FC2ブログ
貴方を黒い世界に誘ってみせましょう・・・・・

このブログの秘密


15才だった頃の夜・・・

エロ本とティッシュ箱と 自慰ばかりしてる俺
超高層ビルの上の空 届かない夢を見ている

やりばのない気持ちの 扉破りたい

女子更衣室の中でオナニー 見つかれば逃げ場もない

ブルマをかぶって 蠢きながら

心のひとつも 解りあえない 女達を恨む

そして 仲間達は今夜 女風呂を覗く計画をたてる

とにかく もう モザイクや黒塗りには 悩みたく無い

映倫の存在が 何なのかさえ 解らず悶えている 15の夜

通学用のママチャリで走り出す 行く先は 遠くのコンビニ エロ本立ち読みする為に

誰にも 見られたくはないと 飛び込んだ エロ本コーナーに

自由になれた気がした 15の夜


冷たい風 冷えた身体 人恋しくて

夢見てる あの娘の家の横を サヨナラつぶやき 走り抜ける

闇の中 ぽつんと光る エロ本販売機

1000円札で買える ぬくもり 薄いビニ本 

握りしめ 恋の結末も 解らないけど

あの娘は俺の 大事な オナネタなんだよ・・

Oh 大人達はエロ本捨てろ 捨てろと言うが 俺はいやなのさ

飯島愛や細川ふみえが 俺達の全てなのさ~

なんてちっぽけで なんの意味もない この余った皮・・ 15の夜

通学用のママチャリで走り出す 行く先は 遠くのコンビニ エロ本立ち読みする為に

覚えたての 自慰にふけり 星空を 見つめながら

オカズ求め続けた 15の夜


通学用のママチャリで走り出す 行く先は 遠くのコンビニ エロ本立ち読みする為に

誰にも 見られたくはないと 飛び込んだ エロ本コーナーに

自由になれた気がした 15の夜




アニメタルの十本刀替え歌

前髪殺した 呪いの遺伝子が
今もなお燻って 俺を禿にする
いつの日か夜空まで照らし出すだろう

見るがいいあれを禿こそが地獄
人間のいる場所が修羅なり
死ぬわけがない死ぬ価値がない
生きて悶えて最後につるっぱげ
それから先は知らないことよ

その頭皮は傷つきすぎ既に
黒色さえ遥かな日に忘れ
震えもしない痛みもしない
毛根さえも残っていない

悪い夢だと諦めていたら、
悪い夢だけこの頭を包む
祈りを捧げブラッシングすることも
今は全て虚し

この拳を固めて打つことで
救いの無いこの手穴を開く
心は泣かぬ打っても泣かぬ
生えない頭皮痛めて泣かぬ

禿がのさばる世の中だけど
洒落だと思えば気楽にいける
蒼い血管膨らますほど、ブラシで叩いても仕方が無いさ
何ぞオモロイの無いやろか
それが一つあったらいいさ
だけど馬鹿にしたらあかん
若禿の帳を

育毛剤がなければ生えぬ
お主は不自由なものよ
サクセススカルプ
ポリピュアに養毛林も

息の乱れで分かる、胸の震えで分かる
心の眼が見る、人の頭皮の健康状態を
お主、禿には勝てぬ毛根果てよう
頭髪薄い

さらばと告げたら終わる
お主の抜け毛が増える
心眼を開いて見晴るかせばah哀し
薄い

禿がお呼びですか
何のご用でしょう
面倒はご免です
お急ぎなら勝手に来なさい
花が散るように散って
水が一瞬に乾き
それでいいのなら おいでなさい
どこからなりと
お望みなら お相手する
恨みなしの勝負
生えてる方が勝ちだろ
禿げる方が負けだろ
それだけのことを大袈裟に
云いなさんな

メモ
猫は何故かわいいと思う?、もともとかわいいからよ
お主はもともとブスだからそのような狂相になるほど化粧をせねばならぬのだ 哀れなことよ