FC2ブログ
貴方を黒い世界に誘ってみせましょう・・・・・

ファントム行ってきた

ども、アニ魂に行きだして1年と4ヶ月くらいたち、そういえばアニソンボカロ系以外の曲を
まったく歌って無いな~と思った
一人カラオケは寂しいので、最近アニ魂の近くに出来た縛り無しのファントムというお店へ

19:55現地到着
開店は20:00らしいので待つ
路地裏の一角にすごい量のペットボトルが置かれているのを発見
それだけ猫に侵入されるのが嫌なんだろう・・・
気がついたら開店・・入り口は見てたが人の侵入は無かったのでどうも裏口があるのかな?
メイクをした成人男性が看板の電気を付けていたので
声をかけ開店の確認をする
早い来客に驚いていたようだが、俺は早撃ちマックの次に早いぜ?

店内はゴシック系(何をもってそういう表現なのかはよく分からぬが使ってみた)で
ほの暗い燭台にロウソクを模した光源、赤黒系のカウンター席、鳥篭、
マネキンの手、とまあアニ魂が光とすればこちらは闇

店内のモニターには「スウィーニー・トッド」という
d080116-02.jpg
無実の罪で投獄され、あげく妻も娘も投獄に追い込んだ本人に奪われ、復讐に燃える理髪師
15年の時を経てロンドンに舞い戻り、名前を変えて理髪店を営みながら復讐の時を待つ。
何故か訪れる客を彼は次々に髭剃りナイフで切り殺す。
そしてその肉を、肉不足と価格の高騰に頭を痛めていたパイ屋の女主人に引渡す。
閑古鳥の鳴いていたパイ屋は数日後から大盛況の入りとなる。

↑(どっかから文章ぱくり)
19世紀のロンドンで実際おこったらしい話を映画化した作品を
流しており、これがもう結構グロイw

剃刀で首切る

血がブシャーーー

みたいな・・


これで赤系のカクテルとか飲んだ日にはそれはもう・・・
店長(ジュリアさん)曰く、眼を輝かせる客と背ける客に分かれるらしい・・

俺?・・メキシコの麻薬戦争系の首切り動画とか最後まで見れませんレベルです・・


カウンター内にはジュリアさんの他にもボスと呼ばれる女性の方がいて
彼の話に突っ込みを入れたりしてた


料金形態は
90分1ドリンク付1000円、
延長60分1000円、
1ドリンク500円

という感じ(間違ってたらごめんなさい)


ある程度店内観察も終えたところで目的のカラオケも

歌った曲

DIE IN CRIES    Through the Looking Glass
ルナシー      END OF SORROW
x      x
MALICE MIZER    月下の夜想曲(うたえず不発)
Dir en grey    cage
the GazettE     生暖かい雨とざらついた情熱
ラムネ&40FRESH OP ミラクル・ボディに御用心!
C.G mix      under the darkness(鬼畜眼鏡OP)


なんか20代の頃よりうまく歌えてた気が・・・マイクの感度も高かったね~
ジャンヌダルクとか黒夢とかも歌いたかったが又、次の機会に・・

2時間30分ほどいて撤収

ゴスロリファッションの女子が見れるかなと淡い下心もあったが
時間帯が早過ぎたのかそんなことはなかった・・というか見たいな・・うん

ちなみに、最近ファントムの常連ぽくなってる将軍がアニ魂の方に行っていたようで
完全に俺と入れ違いになってたw

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

トラックバック

http://damondamonp.blog71.fc2.com/tb.php/1087-3670fbd8